入れ歯

tel_sp.png
お問い合わせはこちら

歯を失った際に、歯を補う一般的な治療法が「入れ歯」です。
歯がないまま放置しておくと、咬みにくい、喋りにくいといった問題のほかにも、咬み合わせが変化することでお口の中全体のバランスが悪くなり、虫歯や歯周病になりやすくなることもあります。
当院では、患者様の状態やご希望に合わせた入れ歯をご提案しています。

よくある入れ歯のお悩み

当院に寄せられる入れ歯のお悩みには、

  • 入れ歯が合わない
  • 入れ歯が痛い
  • 入れ歯が目立つのが嫌

といったお声が多く寄せられます。

当院では、新規で入れ歯をつくる場合はもちろん、既存の入れ歯が合わなくなった場合の調整やつくり替えも行っています。
入れ歯には耐久年数があり、歯茎が痩せるなど口腔内の変化によっても入れ歯が合わなくなる場合もあるので、違和感を覚えるようになった場合はご相談ください。

保険と自費のメリット・デメリット

入れ歯には健康保険適用のものと、自費診療のものがあります。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、歯科医師と相談しながらご検討ください。

保険診療の入れ歯

メリット
  • 保険適用なので、安価でつくることができる。
  • 咬む、話すといった基本的な機能をカバーしている。
  • 素材がプラスチックなので、破損しても修理がしやすい。
デメリット
  • 使用できる素材や技術が保険適用内で決められているので、カスタマイズができない。
  • 審美性がやや劣る。
  • 床の部分が分厚いので、装着時に違和感を覚えやすい。
  • プラスチックの素材なので、汚れや臭いが付きやすい。
  • 食事の温度を感じにくい。

自費診療の入れ歯

メリット
  • 素材が自由に選べて、自分に合うようにカスタマイズできる。
  • 審美性が高い。
  • フィットしやすく、咬みやすい。
  • 装着時の違和感が少ない。
  • 食事の温度を感じやすい。
デメリット
  • 料金が高くなる。
  • 種類によっては修正や調整が難しい場合もある。
  • 保険の入れ歯に比べて作成期間が長くなる場合もある。

当院の取り扱い入れ歯

すべての歯を失ってしまった方向けの「総入れ歯」と、一部分のみを補う「部分入れ歯」があります。保険が適用できるものと自費診療のものがありますので、詳しくは歯科医師とご相談ください。
◆基本的に初めて入れ歯をつくる方には、保険適応の入れ歯をおすすめしています。

レジン床義歯[保険診療]

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)でできた入れ歯です。
咬む、話すといった基本的な機能をカバーしながら、安価でつくることができます。
デメリットとしては、金具が見えるため審美性が劣る点と、床の部分が分厚いので装着時に違和感を覚えやすくなること、食事の際の味や温度が伝わりにくいことが挙げられます。

金属床[自費診療]

金属を使って、床の部分を薄くつくることができる入れ歯です。装着時の違和感が少なく、食事の温度を感じやすくなります。
◆216,000円(税込)

ノンクラスプデンチャー[自費診療]

人工の歯茎の部分を特殊な素材でつくるので、薄くて軽く、耐久性にも優れています。金具を使わないので審美性も高く、金属アレルギーの方も安心です。
◆108,000円(2歯)~(税込)

TEL:092-567-6480 診療時間 9:30~13:00 14:30~20:00 休診日:木曜午後 日曜・祝日
お問い合わせはこちら